ホーム » スーツの着こなし » スーツジャケットの2つのタイプ
a

スーツジャケットの2つのタイプ

ジャケットは大きく2つに分けて①シングルブレストと②ダブルブレストがあります。

シングルブレスト

「①シングルスーツ」とは前ボタンの配列が一列になったデザインのことを言います。多くにみられるもが2つボタンです。もっとも一般的でシンプルです。また3つボタン、1つボタンも選択できるようになっております。そして今のスーツジャケットの定番になります。ボタン数の少ないシングルブレストは、モダンで都会的な印象があります。主張し過ぎないデザインとなっておりますので自らが目立つ必要がないビジネスシーンにはとても向いております。また式典などへの出席時など正装が求められる場ででの着用としては相応しいものです。その場合は当然、色柄は派手になり過ぎないダークな色味のものを選んで、着こなしもスタンダードなものが相応しいと言えるでしょう。ブラック、濃紺、チャコールグレーがそれにあたります。

ダブルブレスト

次にフォーマルな印象が強い「②ダブルスーツ」は、ボタン配列が二列になり
様々なバリエーションを楽しむことが出来ます。 多くは4つボタン、もしくは6つボタンとなります。かっちりした印象で、このジャケット1枚でトラディショナルかつ重厚感ある雰囲気になる点がダブルブレストの大きな特徴となります。 貫禄がある印象で経営者やリーダ的存在の方に着用いただくとしっくりくる印象がありますが、色や柄、生地の質感、着こなしによっては若年層の方にも十分着ていただけます。ここ数年ダブルはあまり見かけなくなりましたが最近はクラッシック回帰という流れで注文件数は増えております。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

プロフィール

オーナー 和田 克明

comodo diletto(コモドディレット)とは「快適で心地よく自分らしく楽しめる」スーツを着て欲しいという願いを込めて付けた名前である。 男性のトータルコーディネートを提案する新たなプロジェクトとして発足したヘアサロンが運営するブランドです。 ヘアサロンで提案するヘアデザインは一人ひとりに合わせた1点もののデザイン、いわばオーダーメイドデザインと言える。 女性はヘアスタイルとファッションを組み合わせて自分らしい表現を楽しんだりしている。 男性はどうだろうか? これからの時代は、男性にも自分を最高にカッコ良く表現する「自分だけのスーツ」が必要だと考える。 だからこそ、一人ひとりに合わせた1点もののオーダースーツをオーナースタイリストがご提案させていただきます。 特注の仕立服〝オーダーメイドスーツ”をもっと身近に。そして自分らしく心地よいスーツを身に付ける楽しさを感じて下さい。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

[instagram-feed feed=1]